シンフォートの成分を調べ効能や危険性を調査

シンフォートの成分について調べてみました

シンフォートは男性向けに開発されたスパークリングスカルプケアシャンプーです。

炭酸泡のチカラで毛穴に詰まった皮脂汚れを綺麗に除去しながら血行促進して細部まで栄養を届けることができます。

ただ、スパークリングシャンプー初体験の方などはどんな成分が入っているのか不安に思う方もいます。

当ページでは、シンフォートの成分をチェックして、効能や危険性などを調べて、その結果を紹介しています。

シンフォートの成分を分析

シンフォートの原材料をチェックして期待できる効能や危険性を調べていきます。

ちなみに原材料一覧、成分表は下記の通りです。

水、グリセリン、イソペンチルジオール、スクワラン、ベタイン、ラフィノース、トレハロース、フェノキシエタノール、カルボマー、(C12-16)アルコール、水酸化K、パルミチン酸、グリチルリチン酸2K、水添レシチン、トコフェロール、BG、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、アルギニン、セリン、プラセンタエキス、プロリン、グルタミン酸、トレオニン、バリン、ロイシン、グリシン、ローヤルゼリーエキス、ノイバラ果実エキス、アラントイン、イソロイシン、フェニルアラニン、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、キハダ樹皮エキス、トウキンセンカ花エキス、ハトムギ種子エキス、レモングラス葉/茎エキス、ダイズ種子エキス、ビルベリー葉エキス

出典元:Amazon

シンフォートの一番特徴的な成分としては炭酸が入っている点です。

まずは、炭酸シャンプーの有用性や危険性について調査してみました。

炭酸シャンプーの効能や危険性は?

炭酸シャンプーには下記の2つの効能が期待されています。

  • 濃密な炭酸泡で汚れを徹底洗浄
  • 炭酸泡で血行促進

しかも、一般的な炭酸の濃度は1000ppmほどですが、シンフォートの炭酸濃度は驚きの8000ppmも配合されています。

そこまで、高濃度な炭酸が含まれていると副作用や危険性の心配がありますが、ネットで検索した限りだと、炭酸シャンプーに危険性があるなどの目立ったデメリットは確認できなかったので安心して使えそうです。

ただし、乾燥肌の人は注意

ただし、炭酸シャンプーは含まれる微細な泡で毛穴の汚れをかき出すので洗浄力が高めです。その為、乾燥肌の方の中には刺激に感じてしまう方もいるそうです。

脂性肌の方は毎日使っても問題ないかもしれませんが、乾燥肌の人は頭皮や髪の状態を注意しながら使いましょう。

洗浄力が強すぎるなという場合には2日に一度にするなど、普通の洗髪料と交互に使うのがオススメです。

ただし、シンフォートは余分なアブラのみを取り除き、必要な潤い成分は残す設計になっていますし、頭皮や髪の毛の健康を維持するために沢山の美容成分が配合されています。

その他の魅力的な7つの美容成分も配合

シンフォートには炭酸以外にも魅力的な7つの美容成分も配合されています。

成分名役割
センブリエキス育毛剤やヘアケア用品に良く含まれる成分で血流増強、血行促進効果が期待できる
オウゴン根エキス抗菌作用、収れん作用、保湿効果
レモンエキス爽やかな香り、収斂作用、保湿効果
コメヌカエキス抗酸化、保湿効果、バリア機能改善
ボタンエキス抗炎症作用、血行促進
アルゲエキス保湿効果、収れん作用、皮膚弾力サポート
白桐の炭多孔質構造のため不純物の吸着性が高い

無添加にもこだわっているので安心

シンフォートは頭皮や髪に刺激や負担になりがちな下記の成分の無添加にもこだわっています。

  • シリコンフリー
  • 石油系界面活性剤フリー
  • パラベン(防腐剤)フリー
  • 合成香料フリー
  • 着色料フリー

肌荒れや敏感肌が心配な方でも比較的安心して使うことができます。

アレルギーには注意

副作用や毒性の強い成分が入っていなくても、体質や肌質との相性によってはアレルギー反応を起こす可能性はゼロではありません。

不安な場合は使用前には成分表をチェックしてから使用してください。また、シンフォートが原因で痒みや腫れなど身体に異常を感じた場合は使用を中止して病院の先生に相談してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました